ペイトン・マニング、ビール会社に3.8億円無料広告を提供-2秒で

  • ブロンコスQBは試合後のインタビューでバドのブランド名に触れる
  • ソーシャルメディアに取り上げられることでさらなる宣伝効果も

7日に行われた米プロフットボール、NFLの第50回スーパーボウルで、各企業が30秒のテレビ広告に支払った金額は500万ドルだった。一方、ブロンコスを優勝に導いたQBペイトン・マニングは、わずか2秒程度のコメントでビールメーカーのアンハイザー・ブッシュ(AB)インベブに多大な宣伝効果を無償で提供した。

  マニングは終了直後のCBS記者とのインタビューで、試合後の予定は「バドワイザーをたくさん飲むことだ」と語った。その数分後にも表彰台で「私が考えていることは、早くバド・ライトを口にすることだ」と、再びバドワイザーのブランドに触れた。

  エイペックス・マーケティング・グループの試算によれば、CBSでテレビ放映されたマニングの2回の発言はバドワイザーブランドに320万ドル(約3億8000万円)強に相当するメディア露出の機会を与えた。テレビやソーシャルメディアでスーパーボウルが一晩中取り上げられる効果が加わるため、数字はさらに膨らむ見込みという。

  アンハイザー・ブッシュのマーケティング担当責任者リサ・ウェーザー氏はツイッターで、マニングには販売促進の報酬を支払っていないとコメントした。NFLのルールでは選手がアルコール飲料ブランドを宣伝することは禁じられている。

原題:Peyton Manning Just Gave Budweiser $3.2 Million in Free Ad Time(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE