米国の一部のシェールガス田でリグ稼働数がゼロに-チャート

ベーカー・ヒューズによると、米国の天然ガスリグ(掘削装置)はオクラホマやアーカンソー、コロラド、ワイオミング州の4カ所のガス田でゼロに落ち込んでいる。全米で供給が過剰となりガス先物がこの時期としては1990年代以来の安値まで下げたことから、エネルギー探査企業は採算コストが最も高水準のガス田で掘削を停止している。アゲイン・キャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は「特に生産が正当化されるほど価格が高くない採算ぎりぎりのガス田の一部でリグ稼働数の減少が加速している」と指摘した。

原題:Zero Gas Drilling Happening in These U.S. Shale Fields: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE