ロンドンの弁護士、時給が過去最高の18.7万円-シンクタンク調査

ロンドンのトップクラスの弁護士費用が1時間当たり1100ポンド(約18万7000円)に上昇したことが、シンクタンクの調査で分かった。大手法律事務所に依頼する余裕があるのは大手企業のみといった状況だ。

  自由市場を支持するシンクタンク「センター・フォー・ポリシー・スタディーズ(CPS)」のリポートによると、ロンドンの収益性上位の大手弁護士事務所のパートナーが課している1時間の料金が2015年に平均で850ポンドとなり、今年に入ってからは過去最高の1100ポンドに達した。1分当たり約18ポンドの計算だ。05年には平均時給がインフレ調整後で674ポンドだった。

  CPSはリポートで「英国の法手続きを順守しようとする顧客は極めて高い費用負担を余儀なくされている。特に中小企業にとっては法的問題への対応を制限されるほど高額だ」と指摘。執筆したジム・ダイアモンド弁護士は、大手法律事務所の手数料の透明性欠如とほぼ無競争の環境がコスト増につながっていると記した。

  ロンドンの大手法律事務所は所属パートナーの時給を公表していないため、ダイアモンド氏は顧客への調査を基にデータを集計した。

原題:Lawyers Earning 1,100 Pounds an Hour Put U.K. Justice at Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE