米リンクトインの株価急落-2016年通期売上高見通し、市場予想下回る

  • 1-3月の売上高見通しも市場予想に届かず
  • ディスプレー広告やマーケティング担当者向けサービスの減速が響く

ビジネス向けソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、米リンクトインの2016年1ー3月(第1四半期)と通期の売上高見通しは市場予想を下回った。ディスプレー広告やマーケティング担当者向けサービスの販売鈍化が響いた。株価は時間外取引で急落した。

  4日の発表によると、1ー3月期の売上高は約8億2000万ドル(約960億円)、通期は36億ー36億5000万ドルとなる見通し。ブルームバーグ集計のデータによると、アナリストの予想平均はそれぞれ8億6710万ドル、39億ドルだった。利用者数は4億1400万人と、昨年7ー9月(第3四半期)の3億9600万人から増加した。

  モネス・クレスピ・ハートのアナリスト、ジェームズ・キャクマック氏は「現在の市場では、予想を下回ることに対して容赦ない反応がある」と指摘。「昨年第4四半期の業績は堅調だったが、2016年については世界のマクロ環境や高水準の投資が逆風となり、見通しは予想に届かなかった」と分析した。

  リンクトインの株価は時間外取引で一時26%下落。ニューヨーク市場の通常取引では前日比0.5%高の192.28ドルで終了。年初来では15%下落となった。15年は2%下げた。

  昨年10ー12月(第4四半期)の普通株主に帰属する損失は843万ドルと、アナリストの予想平均(5020万ドル)よりも小幅だった。売上高は34%増の8億6200万ドルと、予想の8億5740万ドルを上回った。

原題:LinkedIn Plummets After Annual Sales Outlook Trails Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE