米シマンテック、シルバーレークが5億ドル出資-特別配当も発表

更新日時
  • 23億ドル規模の自社株買いも公表、同社株は時間外で一時9.5%高
  • 昨年10-12月の利益と売上高はいずれもアナリスト予想を上回る

コンピューターウイルス対策ソフトウエア最大手、米シマンテックは4日、米プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社のシルバーレーク・マネジメントから5億ドル(約580億円)の出資を受け入れたと発表した。昨年10-12月(第3四半期)の利益と売上高はアナリスト予想を上回った。一連の発表を受けて、同社株は時間外で一時9.5%高となった。

  シマンテックは、2018年度末までに4億ドルのコストを削減するとともに、1株当たり4ドルの特別配当(27億ドル相当)を実施すると発表した。さらに、17年3月末までに23億ドル規模の自社株買いも行うと明らかにした。シルバーレークのマネジングパートナー、ケン・ハオ氏がシマンテックの取締役に指名される見通し。

  4日の発表資料によると、昨年10-12月の一部項目を除いた1株利益は26セント、売上高は9億900万ドルだった。1株利益のアナリスト予想は24セント、売上高予想は9億600万ドルだった。

  同社は1-3月(第4四半期)の一部項目を除く1株利益が24-27セント、売上高が8億8500万ー9億1500万ドルになるとの従来予想を据え置いた。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均では1株利益が25セント、売上高が9億190万ドル。

  シマンテックの株価は引け後の時間外取引で一時21ドルを付けた。通常取引の終値は19.18ドルだった。同社株はこの1年で25%下げている。

原題:Symantec Gets $500 Million Silver Lake Investment (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE