米コノコフィリップス:減配、設備投資も削減-四半期決算で赤字拡大

総合エネルギー会社の米コノコフィリップスは昨年10ー12月(第4四半期)決算で赤字が拡大したことを受けて、四半期配当と設備投資を削減した。

  四半期配当は1株当たり25セントと、これまでの74セントから引き下げた。設備投資計画の概算は64億ドルと、従来の77億ドルから削減。営業経費見通しは77億ドルから70億ドルに引き下げた。

原題:ConocoPhillips Cuts Quarterly Dividend and Capital Spending(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE