新興市場株:MSCI指数、3日ぶり反発-原油高で資源株上昇

4日の新興市場株は3日ぶりに反発。原油高を受けて資源銘柄が値上がりしたほか、期待外れな米経済指標を背景に米金融当局が利上げを先送りするとの観測が広がった。

  香港上場の中国海洋石油(CNOOC)や南アフリカ共和国のサソルが値上がりし、エネルギー株の指数が急伸。前日まで3営業日の下げはここ2週間で最大だった。

  ドバイの株価指数は上昇。このままいけば1カ月ぶり高値となる。ロシアのMICEX指数は4日ぶりに反発。南アのアングロゴールド・アシャンティはヨハネスブルク市場で1年4カ月ぶり高値を付け、資源株の上げをけん引している。
  
  MSCI新興市場指数はロンドン時間午前8時32 分(日本時間午後5時32分)時点で、前日比1.9%高の735.66。10業種全てが値上がりしている。

原題:Oil Fuels Emerging Stocks’ Rebound as Won Paces Currency Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE