中国株:上昇、資源銘柄が値上がり-香港H株は4日ぶり反発

更新日時
  • 上海総合指数は1月25日以来の高値で終了
  • 原油高でエネルギー株や資源株が反発、ペトロチャイナなど高い

4日の中国株式相場は上昇。上海総合指数が1月25日以来の高値となった。資源銘柄が値上がりしたほか、中国人民銀行(中央銀行)が来週の春節(旧正月)連休に伴う休場を前に資金不足を緩和する取り組みを強化した。

  上海総合指数は前日比1.5%高の2781.02で終了。深圳市中金嶺有色金属(000060 CH)などの値上がりで資源株の指数が上昇。原油高を受けて前日に過去最安値を付けたエネルギー株の指数が反発する中、ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)も高い。

  パートナーズ・キャピタル・インターナショナル(香港)の投資銀行・コーポレートファイナンス部門チーフエグゼクティブを務める温天納(ロナルド・ワン)氏は、「原油相場が反発し、資源高が下支えとなる中、人民銀は春節の連休を前に地合い改善を図っている」と指摘。「経済をめぐる根本的な懸念が後退せず、商品価格のボラティリティ(変動性)も続いており、祝杯を挙げるには時期尚早だ」と述べた。

  CSI300指数は1.2%高。香港市場のハンセン中国企業株(H株)指数は4営業日ぶりに反発し、1.5%高で取引を終えた。ハンセン指数は1%高の19183.09で終了。

原題:Chinese Stocks Advance as Commodity Producers Rebound With Oil , Hong Kong Stocks Climb as Energy Shares Rally With Oil Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE