ゴールドマンのブランクファインCEO:リンパ腫は恐らく快癒した

ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)は、600時間にわたる化学療法を受けた後、自身が患っていたリンパ腫は「恐らく快癒した」と語った。

  ブランクファイン氏(61)は3日、米経済専門局CNBCとのインタビューで、リンパ腫と「診断された瞬間からそれと向き合い取り組んできた」と語った。昨年11月以降で初めて公的な場に姿を見せた同氏は「仕事もできた」し、治療はそれほど苦しくはなかったとも話した。

原題:Goldman Sachs’s Blankfein Says He’s ‘Probably Cured’ of Lymphoma(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE