米GM:10-12月は利益が予想上回る-米国と中国で需要堅調

更新日時
  • 15年通期の純利益は過去最高の97億ドル
  • ライトトラック好調で北米と中国で利益拡大

ゼネラル・モーターズ(GM)の2015年10-12月(第4四半期)決算は、利益がアナリスト予想を上回った。米国と中国のライトトラック販売の好調で、両地域とも利益率が向上した。

  3日の発表によると、調整後の1株利益は1.39ドルと前年同期の1.19ドルを上回った。ブルームバーグがまとめたアナリスト14人の予想平均は1.20ドルだった。北米では高価格のスポーツ型多目的車(SUV)やピックアップトラックが好調で利益率上昇に寄与。これらの第4四半期売上高は13億ドル(約1550億円)に上った。

  通年の純利益は過去最高の97億ドルに達した。

  GMの主要市場は引き続き米国で、15年のピックアップトラックとSUVの売上高は16%増となった。北米での利益は28億ドルと、前年の22億ドルから拡大。GMは全米自動車労組(UAW)の労働者4万9600人に対し、1人当たり最大1万1000ドルの利益分配金を支払う。

  ・GMの調整後の利払い・税引き前利益(EBIT)は第4四半期に28億ドル、通期では108億ドルとなり、ともに過去最高を記録
  ・第4四半期の全世界の総売上高は前年同期からほぼ横ばいの396億ドル、アナリスト予想の平均393億ドルは上回った
  ・中国の合弁会社の持ち分利益は5億1100万ドルから5億7200万ドルに増加。中国市場の拡大ペースは減速しているが、GMはより利益率の高いSUVや高級車の販売に力を入れている
  ・欧州と南米の事業は不振で赤字となった。欧州事業の第4四半期の赤字額は2億9800万ドル(前年同期3億9300万ドル)に縮小。南米事業での赤字額は4700万ドルだった。15年通期では、欧州と南米合わせて14億ドルの赤字。

原題:GM Beats Estimates With SUVs in Demand From U.S. to China (1)(抜粋)

(決算の詳細などを加えて更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE