オフショア人民元:下落-本土とのレート差は3週間ぶりの大きさ

香港オフショア人民元は3日、対ドルで下落。中国本土の元相場に対するディスカウントはここ3週間で最大となった。中国人民銀行(中央銀行)が先月に人民元売りの抑制措置を講じたにもかかわらず、海外投資家が元の下落に賭ける投資を再開しつつある兆しが現れている。

  香港のオフショア人民元は上海オンショア市場のレートを一時0.97%下回った。レート差は1月11日以来の大きさ。

  ブルームバーグの集計データによると、香港オフショア市場の人民元は現地時間午後3時26分(日本時間同4時26分)現在、0.3%安の1ドル=6.6459元。一時は1月11日以来の安値となる6.6482元を付けていた。上海オンショア市場の人民元はほぼ変わらずの6.5798元。

  この日の元の中心レートは0.02%元安方向の6.5521元に設定された。来週の中国金融市場は春節(旧正月)のため休場となる。

原題:Yuan Gap Widens Again as Depreciation Bets Swamp PBOC Fightback(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE