黒田総裁のバズーカ第3弾、グーグル検索で第1弾を上回る: チャート

日本銀行のマイナス金利付きの追加金融緩和政策の決定は、黒田東彦総裁が異次元緩和の第1弾を実施した約3年前よりも日本のネットユーザーに衝撃を与えたようだ。日本銀行の略称である「日銀」はグーグルの週間検索件数を基にした注目度で先週、2013年4月の量的・質的金融緩和導入時を上回った。一方、国内金融市場では、当時と比べると相場の動きは小さい。TOPIXは第3弾緩和を受けて上昇した幅の大半を解消したほか、円はドルに対して1ドル=121円台まで売られた後、119円台まで戻している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE