アルファベット、前例なき時価総額5000億ドル台維持が新たな課題に

  米グーグルの親会社アルファベットが世界で最も価値ある企業という新しいステータスを維持できるかどうかは、前車の轍(てつ)を踏むかどうか次第だろう。S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスによると、米企業で時価総額が5000億ドルを超えたのはアルファベットで7社目。チャートが示すように、他の6社は大台到達後1年目でいずれも時価総額が減少した。チャートの下部にある年月はアップルのケースに当てはめたもの。アップルはアルファベットが1日に昨年10-12月(第4四半期)決算を発表する前まで、時価総額最大の企業だった。アルファベットは昨年10月に初めて5000億ドルを突破していた。

原題:Alphabet Faces $500 Billion Challenge That Others Failed: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE