ゴールドマン:鉄鉱石に一段の下落圧力、中国の鉄鋼生産能力削減で

  • 中国国務院の計画は鉄鋼生産の9500万トン減少につながる可能性
  • 鉄鉱石の海洋輸送市場はすでに供給過剰の状態にある

世界的な供給過剰で下落している鉄鉱石価格は、さらなる下押し圧力を受ける可能性があると、ゴールドマン・サックス・グループが指摘した。中国政府が鉄鋼の生産能力を削減する取り組みを強化しているためだ。

  中国国務院は鉄鋼業界の生産能力の1億ー1億5000万トン削減を計画しているが、これは実際の鉄鋼生産の5500万ー9500万トン減少につながる可能性があると、ゴールドマンは電子メールで配布したリポートで指摘。同行の推定によると、鉄鋼生産の減少分は鉄鉱石需要に換算すると9000万ー1億5000万トンにあたる。これは鉄鉱石の海上輸送市場の最大15%に相当する。

  オーウェン・ビレル氏(メルボルン在勤)らアナリストは2日付リポートで、「中国は鉄鋼生産を一段と削減する圧力にさらされている」と指摘。鉄鋼生産能力の削減に伴い予想される生産の減少は、「すでに供給過剰の状態にある鉄鉱石市場にさらなる下押し圧力をかける」公算が大きいと分析した。

原題:Goldman Says Iron Faces Extra Pressure From China Steel Cuts (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE