中国レノボ:10-12月利益、予想上回る-スマホ需要鈍化受け経費削減

世界最大のパソコン(PC)メーカー、中国のレノボ・グループ(聯想集団)の昨年10-12月(第3四半期)利益は、市場予想に反して19%増加した。同社は厳しい経費抑制に取り組むことで、中国の景気減速およびスマートフォンやPCの需要鈍化の影響に対応している。

  10-12月期の純利益は3億ドル(約360億円)。アナリスト予想では2億4250万ドルに減少すると見込まれていた。売上高は8%減と、約6年ぶりに減少した。

  レノボはPC市場のシェア拡大を重視する一方で、スマートフォン市場の競争激化に対応するため、13億5000万ドルの年間コスト圧縮と3200人の人員削減を目指している。

原題:Lenovo Profit Beats Estimates on Cost Cuts Amid Smartphone Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE