黒田日銀総裁:緩和限界説「とても違和感」-必要なら新たな手段作る

  • 今後とも、金融政策手段のイノベ ーションに取り組んでいく
  • 中銀が本気で取り組んでいる以上、物価目標は必ず実現する

日本銀行の黒田東彦総裁は3日、金融緩和手段が限界に近づいているとの見方が出ていることについて「私にはとても違和感のある表現だ」と述べて「果たすべき目的のために必要であれば、そのために新しい手段や枠組みを作っていけばよい」と語った。

  都内の講演で黒田総裁は「実際、越えることが不可能と思われていた金利のゼロ制約の壁は、日銀を含む中央銀行の知恵と実践の中で乗り越えられようとしている。追加緩和の手段に限りはない」と述べた。さらに「日銀は今後とも、金融政策手段のイノベ ーションに取り組んでいく」と語った。

  日銀は1月29日の金融政策決定会合で、市場にサプライズを与える日本の金融政策で初のマイナス金利導入を決定した。この会合後で黒田総裁が公に話すのは初。マイナス金利をめぐっては、政策の限界の象徴といった見方が市場に出ている。

  黒田氏は「2%の物価目標の実現に対する日銀のコミットメントにはいささかの揺るぎもない。中央銀行が本気で取り組んでいる以上、物価目標は必ず実現する」として「2%の物価目標の実現のために、できることは何でもやる」と繰り返した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE