米アマゾン、最大400店の書店出店を計画-モール運営会社CEO

インターネット小売り世界最大手の米アマゾン・ドット・コムは、300-400店の書店をオープンする計画だ。ショッピングモールを所有・運営するゼネラル・グロース・プロパティーズのサンディープ・マスラニ最高経営責任者(CEO)が明らかにした。

  マスラニCEOは自社の業績をめぐる2日の電話会議で、モールへの客足に関する質問に回答し、その中でアマゾンの計画に言及した。

  アマゾンは昨年11月、シアトルに初の書店を開設。書籍のネット販売からスタートした同社が実店舗の運営拡大を目指していることが明らかになった。同書店では、音声を認識する人工知能を備えたスピーカー「エコー」やストリーミング機器「ファイアTV」などのアマゾンの商品も展示されている。

  アマゾンの広報担当デボラ・バス氏はコメントを控えた。

原題:Amazon Plans to Open as Many as 400 Bookstores, Mall CEO Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE