仏LVMH:利益が予想を上回る、ファッション部門が好調

  • 10-12月期売上高は5%増、アナリスト予想の3.9%増を上回る
  • 時計ブランドは「慎重な購入姿勢」によって打撃を受けた

世界最大の高級品メーカー、仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンの2015年通期決算は利益が市場予想を上回った。10-12月(第4四半期)のファッション・革製品の売上高が予想を上回った。

  LVMHが2日の通常取引終了後に発表したところによると、経常事業ベースの利益は16%増の66億1000万ユーロ(約8700億円)。アナリスト27人の予想平均は65億ユーロだった。10-12月期の実質ベースの売上高は5%増と、市場予想の3.9%増を上回った。欧州と米国、日本での「強い伸び」に支えられたとう。

  同社の最大部門であるファッション・革製品部門の10-12月期売上高は3%増と、市場予想の1%増を上回った。時計・宝石部門も3%伸びたものの、アナリスト予想の8%増を大きく下回った。

  10-12月期の日本の売上高は12%増。欧州では6%、米国では5%それぞれ増加した。

原題:LVMH Profit Beats Estimates as Fashion Unit Outperforms (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE