2月2日の欧州マーケットサマリー:株は続落、独国債上昇

更新日時

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.0906   1.0888
ドル/円            120.17   120.99
ユーロ/円          131.06   131.74


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  334.59     -7.02    -2.1%
英FT100     5,922.01   -138.09   -2.3%
独DAX      9,581.04   -176.84   -1.8%
仏CAC40    4,283.99   -108.34   -2.5%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .48%        -.01
独国債10年物     .31%        -.04
英国債10年物     1.54%       -.08


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,128.50    +2.00     +.18%
原油 北海ブレント         33.23     -1.01    -2.95%

◎欧州株:続落、BPやUBSに決算失望売り-原油安も懸念

2日の欧州株式相場は下落。指標のストックス欧州600指数は続落 した。原油値下がりに加え、英BPやスイスのUBSグループの決算が 注目された。

業種別指数ではエネルギー銘柄と鉱業株、銀行株の下げが目立っ た。BPは8.7%値下がり。10-12月期決算は91%減益と、予想以上に 悪化した。UBSは6.8%下落。ウェルスマネジメントと投資銀行の両 部門とも減益だった。

CMCマーケッツ(ロンドン)の市場アナリスト、ジャスパー・ロ ーラー氏は「原油が下げたほか、一部業種の決算が悪かったようだ」と し、「これがセンチメントをやや弱めた。銀行が決算シーズンをけん引 するとの期待があったが、実現していない」と語った。

ストックス600指数は前日比2.1%安の334.59で終了。中国景気減速 と原油安をきっかけとした市場混乱が2週間にわたり沈静化していたも のの、世界経済の成長をめぐる懸念が再び浮上した。

個別銘柄では、スウェーデンのアルファ・ラバルが11%安と急落。 第4四半期の税引き前利益がアナリスト予想に届かなかった。イタリア の高級スポーツカーメーカー、フェラーリは9.6%安。今年の販売台数 が伸び悩むとの見通しが嫌気された。ドイツの半導体メーカー、インフ ィニオン・テクノロジーズは5.8%安。粗利益率の低下が材料視され た。

原題:Europe Stocks Fall 2nd Day on Oil as BP, UBS Drop After Earnings(抜粋)

◎欧州債:ドイツ国債が上昇-インフレ期待示す指標は1年ぶり低水準

2日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇し、10年物利回りは9カ月 ぶり低水準を付けた。ユーロ圏のインフレ期待を示す指標は約1年ぶり の低水準にとどまった。

インフレ期待の指標である5年先スタートのインフレスワップ5年 物フォワードレートは前日からほぼ変わらずの1.51%。これは過去最低 を記録した2015年1月以来の低水準。欧州中央銀行(ECB)のドラギ 総裁は1日、景気回復への下振れリスクが高まる中、3月に政策スタン スを見直す方針をあらためて表明した。

原油相場は12年ぶり安値を付けた前月から20%余り上昇したもの の、域内のインフレ期待を示す指数は回復せず、ECBが月600億ユー ロの国債購入を昨年3月に開始する前の水準にとどまっている。緩和策 拡大の確率が高まったほか、物価上昇の弱さも国債需要を支える要因 だ。

ノルデア銀行のチーフストラテジスト、ヤン・フォンゲリッヒ氏 (ヘルシンキ在勤)は「5年先スタートのインフレスワップ5年物フォ ワードレートが原油相場とともに上昇しなかったことはECBの大きな 懸念材料で、懸念の対象が原油相場にとどまらず大きく広がっている様 子を示唆している」と指摘。「インフレ期待が低下する環境では、国債 は当然のことながら好調だ。インフレ期待へのECBの敏感さも加わっ て、国債相場はさらに押し上げられる」と語った。

ロンドン時間午後4時22分現在、ドイツ10年債利回りは前日比4ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.31%。一時は0.30% と、昨年4月30日以来の低水準を付けた。同国債(表面利 率0.5%、2026年2月償還)価格は0.39上げ101.855。

この日発表された昨年12月のユーロ圏生産者物価指数(PPI)は 前年同月比3%低下した。11月は3.2%低下だった。これも相場の上昇 要因となった。

イタリア10年債は下落し、利回りは2bp上昇の1.49%。同国はこ の日、銀行団を通じて30年債を90億ユーロ発行した。ポルトガル10年債 の利回りは6bp上げ2.99%となった。

原題:Europe’s Inflation Outlook at One-Year Low Boosts German Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE