英セインズベリー、ホーム・リテール買収で合意-約2250億円

英食品小売りのJセインズベリーは、ホーム・リテール・グループを約13億ポンド(約2250億円)で買収することで合意した。オンライン小売業者の攻勢に苦しめられていたセインズベリーだが、ホーム・リテール傘下で宝飾品からテレビまで幅広い製品をカタログ販売するアーゴスを手中にする。

  2日の発表資料によると、セインズベリーはホーム・リテール株主に対し保有株1株につき現金と株式併せて約161.3ペンスを支払う。これは買収協議が明らかになる前の終値を63%上回る水準。この買収はセインズベリーの1株利益を1年目から押し上げ、3年目には相乗効果を通じた利益が少なくとも1億2000万ポンドに上る見通し。

  ホーム・リテール買収はセインズベリーにとって創業以来最大の買収案件で、アーゴスが展開する実店舗800店以上、広範な製品配達網を手に入れることになる。英小売業界では価格競争が激しく、オンラインで買い物する傾向にある顧客を取り込むには効率的な配達網が不可欠だった。

  今回の買収合意には、ホーム・リテールが先月オーストラリアのウェスファーマーズにホームセンターのホームベースを売却して得た2億ポンドも含まれる。

原題:Sainsbury Agrees to Buy Home Retail for About $1.9 Billion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE