中国:1月の新規融資は過去最高、急増に注視必要-人民銀の王教授

  • 1月の新規銀行融資は2兆元を突破した可能性
  • 人民銀鄭州培訓学院の王勇教授が証券時報に寄稿

景気減速と与信需要の弱さに直面している中国で、先月の銀行融資が過去最高となり、2兆元(約36兆6000億円)を超えたようだ。中国人民銀行(中央銀行)鄭州培訓学院の王勇教授が政府系の中国紙、証券時報への2日の寄稿文で指摘した。

  王教授は融資需要が低下する中でのこうした新規融資急増はまれであり、政策当局は注視すべきだと言及。1月前半の新規融資は1兆7000億元で、適切な抑制がなければ月間で2兆元を突破した可能性があると分析した。

  寄稿文は融資が急増した理由については説明していない。過去には資金が投機的な事業体やいわゆる「シャドーバンキング(影の銀行)」への投資に流れていたこともある。王教授は「政府は融資政策で銀行をもっとうまく誘導し、融資先を注意深く管理し、実体経済支援で最善の取り組みをする必要がある」と記した。

原題:PBOC Professor Says Record China Loan ’Blowout’ Needs Monitoring(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE