中国株:上昇、人民銀が連休前の資金供給-テクノロジー銘柄など高い

更新日時
  • 人民銀は2日、リバースレポを通じて計1000億元を供給
  • 香港株は下落-ペトロチャイナが安い

2日の中国株式相場は上昇。薄商いの中、テクノロジー銘柄や工業株を中心に値上がりした。春節(旧正月)の連休を来週に控え、中国人民銀行(中央銀行)が金融システムに資金を供給した。

  上海総合指数は前日比2.3%高の2749.57で終了。年初来の下落率を22%に縮小した。テクノロジー株の指標は1週間ぶり高値に上昇。上場初日の広州高瀾節能技術(300499 CH)は値幅制限いっぱいの44%高。CSI300指数は2.1%高で引けた。

  パートナーズ・キャピタル・インターナショナル(香港)の投資銀行・コーポレートファイナンス部門チーフエグゼクティブを務める温天納(ロナルド・ワン)氏は、「人民銀の資金供給が市場に一定の下支えを提供している」と指摘したものの、「上昇が長く続く可能性は低く、私なら慎重姿勢を維持する。連休前に株式を売りたい向きも多く、ボラティリティ(変動性)が戻るだろう」と述べた。

  香港市場では、ハンセン中国企業株(H株)指数が1.1%安で引けた。原油相場下落を受けてペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は0.9%安。ハンセン指数は続落し、0.8%安の19446.84で取引を終えた。

原題:China Stocks Rally as Central Bank Injects Cash Before Holidays、Hong Kong Stocks Fall Second Day as Financials, Oil Shares Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE