NY金:続伸、3カ月ぶり高値-中国めぐる不安で逃避需要が強まる

1日のニューヨーク金先物相場は続伸。ほぼ3カ月ぶりの高値となった。中国と米国の製造業活動のさらなる縮小が示されたことから、逃避先としての金の買いが活発になった。

  フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レシュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「ボラティリティや不透明感から逃れようとする動きが見られる」と指摘。「弱い数字は金の支えになる。弱い指標が出れば、米金融当局が金利を引き上げる可能性が低下するとの見方が広がるからだ」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前週末比1%高の1オンス=1128ドルで終了。一時は1129.40ドルと、中心限月としては昨年11月3日以来の高値をつけた。

  銀先物は0.7%上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のパラジウムは値上がり。プラチナは下落した。

原題:Gold Rises to Three-Month High as China Woes Fuel Haven Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE