新興国通貨:インドネシア・ルピア、上昇-オフショア人民元は下落

1日の外国為替市場で、インドネシア・ルピアは3カ月ぶりの大幅上昇。日本や欧州の金融緩和で国内資産への資本流入が拡大するとの観測が広がった。インドネシア株が7営業日続伸となる中、ルピアは新興国通貨で値上がり率1位となった。

  ロシア・ルーブルは0.8%安と、新興市場通貨で最大の値下がり。原油価格が下落したほか、石油輸出国機構(OPEC)の原油生産が記録的水準に達した。

  中国が発表した1月の製造業購買担当者指数(PMI)を嫌気し、香港オフショア市場の中国人民元は0.27%安と、2週間ぶりの大幅下落。新興市場20通貨で構成するブルームバーグの指数は下げたが、下落率は0.1%未満にとどまった。1月は1.5%下落していた。

原題:Rupiah Rises Most Among Emerging Currencies as China Stocks Fall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE