英スミス&ネフュー:ボゥオンCEO、がん治療受けながら職務遂行へ

英医療機器メーカ ー、スミス・アンド・ネフューは1日、オリバー・ボゥオン最高経営責任者(CEO)ががんと診断されたが、治療を受けながらCEO職を続けると発表した。

  同社の発表資料によれば、ボゥオンCEO(57)が患っているがんは「十分治療可能」で、医師の指示に基づき化学療法などの治療を受ける間も、社内の業務に関与し続ける。治療は月内に始まり、今秋遅くまでには完了するはずだとしている。

原題:Smith & Nephew Chief Executive Bohuon Diagnosed With Cancer (2)
(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE