アジア株:MSCI指数、4日続伸-世界の各中銀への期待で

1日のアジア株式相場は上昇。MSCIアジア太平洋指数はこのままいけば4営業日続伸となる。日本銀行のマイナス金利導入を受け、日本株が続伸した。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後4時3分(日本時間同5時3分)時点で前週末比1%高の122.59。今年に入り最も長期の上場局面となっている。世界各国・地域の中央銀行が金融市場を下支えするとの楽観的な観測が広がった。日本のTOPIXは2.1%高。韓国総合株価指数やオーストラリアのS&P/ASX200指数なども上昇した。

  中国株は下落。中国政府が発表した1月の製造業購買担当者指数(PMI)が予想を下回ったことが響いた。本土市場の上海総合指数は1.8%安、香港市場のハンセン中国企業株(H株)指数は1.2%安で引けた。

原題:Asian Stocks Advance for Fourth Day Amid Central Bank Optimism(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE