香港のチャイナ・フィッシャリー、ドル建て債の利払いできず-S&P

香港の海産物供給会社チャイナ・フィッシャリー・グループが、ドル建て社債の利払いを怠った。米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が1日の資料で明らかにした。

  S&Pはチャイナ・フィッシャリーの長期債格付けを「SD」から「D」に引き下げた。同社は2019年償還債の半年に1度の利払いを1月30日に履行できず、ペルーでの漁業操業用資金を保持する必要があり、他の債務も履行できない可能性が高いとS&Pは説明した。

  チャイナ・フィッシャリーの担当者は電話取材に対しコメントを控えた。

原題:China Fishery Missed Coupon Payment on Bonds as S&P Cuts Rating(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE