ジュリアス・ベア、10%増配を提案-米当局との合意近い

更新日時

スイスのプライベートバンク、ジュリアス・ベア・グループは配当の10%引き上げを提案した。同行は米国人の脱税ほう助に関係する問題で5億4700万ドル(約660億円)を支払う米当局との合意に近づいている。

  1日発表の資料によると、同行は配当を1株当たり1.10スイス・フランに引き上げる。ブルームバーグの予想は1スイス・フランだった。

  2015年の通期純利益は前年比67%減の1億2100万スイス・フラン(約140億円)。米税務問題が重しとなった。営業利益は26億9000万スイス・フランと、前年の25億5000万スイス・フランを上回った。ブルームバーグがまとめたアナリスト20人の予想平均は27億3000万スイス・フランだった。

  15年末時点の預かり資産は3000億スイス・フラン。同年10月末は2970億スイス・フラン。

原題:Julius Baer to Boost Dividend 10% as U.S. Probe Nears End (1)(抜粋)

(配当の金額や預かり資産について追加して全体を書き換えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE