香港の1月の住宅販売件数、過去25年で最低-中原地産

  • 1月の販売件数は推定3000戸、1991年以降で最低に
  • これまでの最低は2008年11月の3786戸

香港の1月の住宅販売は少なくとも過去25年で最低水準に落ち込んだことが、中原地産の推定で判明した。住宅価格に下落余地があることが示された。

  1月31日の発表資料によると、中原地産の推定では1月の新築・中古住宅販売は3000戸と、同社が統計を開始した1991年1月以降で最低。これまでの最低は2008年11月の3786戸だった。

  コリアーズ・インターナショナル・グループの香港調査・アドバイザリーチームのシニアマネジャー、ジョアンヌ・リー氏は、「香港の住宅市場はセンチメントが重要だ」と述べ、「株式相場の下落や景気の悪化、中国経済減速、金利の上昇は全て影響するだろう」と指摘した。

  香港の不動産市場は昨年9月にピークを付けて以来、住宅供給増加や中国経済減速を背景に軟化の兆しが見えている。中原地産の指数によると、住宅価格は15年9月以来9.5%下落しており、16年にさらに20%値下がりする可能性がある。

原題:Hong Kong January Home Sales Hit 25-Year Low, Centaline Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE