新日鉄住金:日新製鋼の買収検討、17年3月めど-呉の高炉休止も

更新日時
  • 新日鉄住金が日新製鋼を子会社化し鋼片を継続的に供給
  • 公開買い付けでの取得を第一案、出資比率51-66%想定-上場は維持

新日鉄住金日新製鋼は1日、2017年3月をめどに新日鉄住金が日新製鋼を買収し子会社化する方針を発表した。日新製鋼は呉製鉄所第2高炉の休止も検討する。アジアを中心とした過剰な生産能力や中国経済の減速により世界の鋼材需給は悪化しており、一体的な合理化などで競争力強化を目指す。

  両社の発表によると5月中旬の最終合意を目指す。19年度内には新日鉄住金が日新製鋼への鋼片供給を開始する。新日鉄住金が日新製鋼の株式を公開買い付けで取得する方法を第一に、日新製鋼が第三者割当で発行する株式を新日鉄住金が引き受ける方法なども検討する。現在8.3%の新日鉄住金の日新製鋼への出資比率を、51-66%の範囲まで引き上げることを想定しているという。子会社化後も日新製鋼の上場を維持する。

  両社によると、中国の粗鋼生産能力は現在年11億トンと同国内の需要を4億トン上回る。その結果同1億トン超の鋼材が輸出されており、東アジアを中心に市況が低迷している。ステンレス事業でも海外メーカーが生産能力を増強しており、海外からの輸入品が増加するなど国内外で競争が激化しているという。

  同日都内で会見した新日鉄住金の進藤孝生社長は「世界の鉄鋼会社のほとんどが赤字である危機的な状況の中、どうすれば競争力が強まるか両社で真摯(しんし)に検討した結果だ」と説明。昨秋、日新製鋼に鋼片を供給する体制構築の提案を受けたことが、今回の子会社化を検討する契機になったという。日新製鋼の三喜俊典社長は「環境は厳しくなっており、これから先を考えると今が最適なタイミング」と説明。「資本強化は日新製鋼そのものの体質も強化される」と述べた。

  新日鉄住金はこの日、中国メーカーの輸出拡大やエネルギー産業向けの鋼材需要の低迷が続いているとし、今期(2016年3月期)の純利益予想(従来1800億円)を1400億円に下方修正することも発表。ブルームバーグが集計したアナリスト19人の純利益予想の平均値1769億円を下回る見通しとなった。同時に発表した2015年4-12月期の純利益は、前年同期比0.4%減の1530億円だった。

  新日鉄は自社株4000万株(発行済み株式総数の4.33%)、1000億円を上限に取得する計画についても発表。決算発表の会見に出席した太田克彦副社長は機動的な資本政策や株主還元が狙いと述べるとともに、取得する自己株の消却については予定していないと話した。自社株購入と買収発表を受け、新日鉄住金の1日の株価終値は前週末比10%高の2347円と6年9カ月ぶりの上昇率。日新製鋼の株価終値は同15%高の1296円と約1年ぶりの上昇率となった。

  

(両社の社長の記者会見での発言を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE