コンテンツにスキップする

バンク・オブ・アメリカ、物言う投資家の標的になる可能性-CLSA

  • CLSAのメイヨー氏はBOAの投資判断を「バイ」に引き上げ
  • スピンオフなどを投資家に迫られる公算-低いバリュエーションで

CLSAのアナリスト、マイク・メイヨー氏は米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)の投資判断を「セル」から「バイ」に引き上げた。低いバリュエーション(株価評価)と「お粗末な」効率性により、スピンオフ(事業の分離)などの再構築策を株主に求められる公算が大きくなっていることを理由に挙げた。

  BOAの株価は年初から28日まで20%下落。景気が拡大しているにもかかわらず、リセッション(景気後退)にあるような値動きとなっていると、メイヨー氏は29日の調査リポートで指摘。これが安全域を投資家に与えており、同行の各事業の価値は現在の時価総額よりも40%高くなっていると記した。

Valuation Gap

  メイヨー氏は電話インタビューで、「低い株価は投資のエントリーポイントをより魅力的にしているだけではなく、何らかのイベントのきっかけとなる可能性がある」と説明。カール・アイカーン氏流に言えば「数字を見ろ」ということだと語った。物言う投資家(アクティビスト)のアイカーン氏は現在、米保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)に規模縮小とリターン向上を迫っている。

  2010年からBOAを率いているブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)は600億ドル余り相当の資産を売却したほか、資本増強や経費削減などを実施してきた。それでも1月の金融株の大幅下落で、同行の株価は有形資産の簿価を下回っている。メイヨー氏によれば、これは投資家がBOA資産に同行の主張するような価値がないと考えているか、資本コストを上回るリターンを達成する経営陣の能力を疑問視していることを示すという。

  BOAの広報担当、ラリー・ディリタ氏はメイヨー氏の評価についてコメントを控えた。

原題:Bank of America’s Valuation Is Seen as Invitation for Activists(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE