コンテンツにスキップする

ブラジル株(29日):ボベスパ3日続伸、原油上昇でペトロブラス高い

  • サンパウロ州基礎衛生公社は2014年9月以来の高値
  • ボベスパの月間下げ率は6.8%-昨年8月以来の大きさ

29日のブラジル株式市場で指標のボベスパ指数は上昇。世界の主要株式指数で最大の上げとなった。原油価格の上昇を受け、ブラジル石油公社(ペトロブラス)が値上がりした。

  ペトロブラスは5.2%高。3日間の上げ幅は昨年10月以来の大きさとなった。サンパウロ州基礎衛生公社(SABESP)は2.2%上昇し2014年9月以来の高値。同社は昨年、干ばつで給水制限を余儀なくされる可能性があると明らかにしていたが、この日は同社最大の貯水池で水位が上昇したことを材料に買われた。ミナスジェライス電力(CEMIG)など水力発電銘柄も高かった。

  ボベスパ指数の終値は前日比4.6%高の40405.99。昨年12月半ば以来の3日続伸となった。 指数を構成する61銘柄のうち2銘柄を除く全銘柄が値上がりした。この日の上げで1月の下落率は6.8%に縮小したが、月間の下げ率は昨年8月以来の大きさとなった。1月は中国の需要鈍化懸念で商品相場が急落したことなどが響いた。

原題:Brazil’s Stocks Rise Most in World as Petrobras Gains With Crude(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE