コンテンツにスキップする

NY外為(29日):円急落、日銀決定で切り下げ競争再開との見方

更新日時

29日のニューヨーク外国為替市場では円が急落。ドルに対しここ1年余りで最大の下げとなった。日本銀行が予想外のマイナス金利導入を決めたことに反応した。市場では、競争的な通貨切り下げが再び起きるとの見方が広がっている。

  円は主要16通貨全てに対して値下がり。日銀は29日の金融政策決定会合で、金融機関が保有する日銀の当座預金に0.1%のマイナス金利を適用することを5対4の賛成多数で決めた。モルガン・スタンレーの調査リポートによれば、予想外のこの政策決定を受けて同社では、円のトレーディング戦略を差し当たり取りやめた。

Kuroda Takes Action After Yen Strength

  今回の日銀の政策決定は円を押し下げただけでなく、為替市場全体にショックを与えた。また日銀の決定により、通貨の押し下げで恩恵を受ける国の中央銀行が緩和策を拡大させるとの見方が強まっている。ユーロ圏やスイス、スウェーデンの当局は既に、預金金利をマイナスに設定。また欧州中央銀行(ECB)は、3月に政策を再考する可能性があると表明している。

  クレディ・アグリコルのG10通貨戦略責任者、バレンティン・マリノフ氏は「日銀は思い切った政策を打ち出し、世界の通貨戦争に再び参加した」と指摘。「ユーロのさらなる上向き調整がユーロの実効為替レートを押し上げるため、ECBは3月に再び緩和策の拡大を余儀なくされるかもしれない」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで前日比2%安の1ドル=121円14銭。1日の変化率としては2014年10月以降で最大。対ユーロでは0.9%下げて1ユーロ=131円21銭。

  ECBのドラギ総裁は先週、金融政策姿勢について次回3月の政策委員会で再検討する考えを示し、緩和拡大の用意があることを示唆した。

  エドワード・ジョーンズの投資ストラテジスト、ケイト・ウォーン氏は「ドラギ総裁と日銀は、経済成長が改善するまで行動を続けるだろう」と指摘した。

  エコノミスト調査では対象42人のうち6人が緩和策の拡大を予想していた。シティグループやJPモルガン・チェース、UBSグループのアナリストは今回の会合で追加緩和が決定される確率を30%超と見込んでいた。マイナス金利の導入を予想していたエコノミストは1人もいなかった。黒田総裁は1月21日の時点では、マイナス金利を具体的に考えていることはないと述べていた。

  日興アセットマネジメントのチーフ・グローバル・ストラテジスト、ジョン・ベイル氏は米国も留意する必要があると指摘。ブルームバーグテレビジョンのインタビューで同氏は、「行き過ぎた円安は望ましくない。1ドル=115ー120円が許容できるレートだと考えられる」と発言。その上で、「それよりさらに円安が進んだ場合、米議会はかなり紛糾するだろうし、政府もいら立ちを押さえられないかもしれない」と述べた。

原題:BOJ Shock Heralds Currency War Return as Yen Drops Most in Year(抜粋)

(相場を更新し、第6段落移行を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE