コンテンツにスキップする

米ミシガン大学消費者マインド指数:1月確定値は低下-株価下落で

1月の米消費者マインド指数は前月から低 下。株式相場の下落を受け、消費者の間で景気や労働市場をめぐる懸念 が強まった。

1月のミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は92と、前月 の92.6から低下した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中 央値は93。速報値は93.3だった。

現在の景況感を示す指数は106.4と、前月の108.1から低下。速報値 は105.1だった。

6カ月後の先行き景況感を示す期待指数は82.7で前月から変わら ず。速報値は85.7だった。

向こう1年間のインフレ期待値は2.5%と、前月の2.6%から低下。 5-10年間のインフレ期待値は2.7%(前月2.6%)だった。

統計の詳細はをご覧ください。

原題:Americans’ Sentiment Eased in January on Stock Market Weakness(抜粋)

--取材協力:Jordan Yadoo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE