コンテンツにスキップする

米シェブロン、10-12月期は2002年以来初の赤字-原油安で評価損

米シェブロンの10-12月期(第4四半期)決算は2002年以来で初の赤字となった。石油価格の急落で資産の評価損計上を強いられた。

  同社が29日発表した10-12月期純損益は5億8800万ドル(約712億円、1株あたり31セント)の赤字。前年同期は35億ドル(同1.85ドル)の黒字で、ブルームバーグがまとめたアナリスト23人の予想平均も1株あたり47セントの黒字だった。

  今回の決算では、石油・ガス田の評価損など11億ドルの費用が響いた。米石油・ガス事業は評価損に加え探鉱費用の増加で、19億5000万ドルの赤字に沈んだ。

原題:Chevron Posts First Loss Since 2002 in Global Oil Downturn (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE