コンテンツにスキップする

米ギリアドでCEO交代人事、マーティン氏が降りてミリガン氏昇格

米医薬品開発のギリアド・サイエンシズではジョン・マーティン氏が最高経営責任者(CEO)職を辞し、ジョン・ミリガン最高執行責任者(COO)がCEOに昇格することになった。

  マーティン氏(64)は執行会長のポストを維持する。同氏がCEOに就いた1996年当時のギリアドの時価総額は10億ドル(約1200億円)程度で、主力のC型肝炎治療薬2種が現在1カ月に売り上げる金額より少なかった。

  ギリアドのウェブサイトによると、ミリガン氏(54)は1990年に研究員として入社。2002年に最高財務責任者(CFO)、07年にCOOに就いた。

  ギリアドの株価は通常取引開始前の時間外取引で一時3.5%下落。

原題:Gilead CEO Martin to Step Down, Will Be Replaced by COO Milligan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE