コンテンツにスキップする

ハネウェル:10-12月期利益は市場予想に一致、航空宇宙部門が好調

米ハネウェル・インターナショナルの10-12月(第4四半期)利益はアナリスト予想に一致した。ジェットエンジンの納入好調でエアロスペース部門の売り上げが伸びたほか、コスト削減で全体的な利益率も向上した。

  同社が29日発表した10-12月の年金調整額を除く1株利益は1.58ドルに増加した。一方、石油・ガス業界向けの機器やサービスの需要低下で売上高は前年同期比2.8%減の99億8000万ドル(約1兆2080億円)と、アナリスト予想の99億9000万ドルを下回った。

  2016年の通期予想は1株利益が6.45ー6.70ドル、売上高が399億ー409億ドルでそれぞれ据え置いた。51億ドルを投じたガス・電気・水道メーターの製造会社エルスター買収は昨年12月末に完了し、今後は売上高が年18億ドル前後かさ上げされると見込む。

原題:Honeywell Matches Profit Estimate as Aerospace Sales Rise (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE