コンテンツにスキップする

円レート、購買力平価で3分の1過小評価-チャート

円ドルのスポットレートは購買力平価に対し約3分の1過小評価されていると、ブルームバーグの市場スペシャリスト、サイモン・ペイズリー氏の分析が示した。歴史的に、為替レートは徐々に購買力平価の水準に近づく傾向がある。購買力平価に照らすと1995年に円は57.7%過大評価されていたが、2年かかって1ドル=84円から125円まで下がった。

原題:Yen Purchasing Power Undervalued by a Third Versus Dollar: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE