コンテンツにスキップする

バフェット氏の中国投資、EVでなくSUVだったら-チャート

  著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイが中国の電気自動車(EV)メーカー、比亜迪(BYD)への初の出資を発表した2008年9月以降、BYD株価は300%を超える上昇となっている。

  だが中国のスポーツ型多目的車(SUV)メーカー、長城汽車に投資していればそれ以上に稼げたはずだ。中国の株式相場が時価総額の3分の2を失った後でさえ、長城汽車の株価は1300%上昇している。長城汽車は28日、昨年の純利益が80億元(約1470億円)と、前年比ほぼ変わらずだったと発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE