コンテンツにスキップする

モルガンS、東南アジアの投資銀行業務担当のカンナ氏が退社-関係者

モルガン・スタンレーで東南アジアの投資銀行業務に携わってきたネチャル・カンナ氏が退社した。同行には5年余り勤務していた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  マネジングディレクターのカンナ氏はマレーシアの案件を中心に担当してきたが、28日付で退社したと、関係者の1人が匿名を条件に語った。モルガン・スタンレーは2010年、マレーシアの投資銀行業務を率いる人材として、同氏をドイツ銀行から採用していた。

  ブルームバーグのデータによると、モルガン・スタンレーは東南アジアの合併・買収(M&A)助言業務で15年は8位と、前年の13位から順位を上げている。

  同行の香港在勤の広報担当者はコメントを控えた。

原題:Morgan Stanley Southeast Asia Dealmaker Khanna Said Leaving (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE