コンテンツにスキップする

米アルトリア:10-12月の利益は市場予想下回る-たばこ販売減少響く

  • 10-12月のたばこ販売量は2.6%減少、2015年通期では0.5%増
  • 17年末までに年間経費を3億ドル削減することを目指す

米たばこ販売最大手アルトリア・グループの昨年10-12月(第4四半期)の利益はアナリスト予想を下回った。たばこ販売数量の減少が響いた。

  28日の発表資料によると、10-12月のたばこ販売量は前年同期比2.6%減少。2015年通期では0.5%増となった。

Altria Annual Cigarette Sales Volume

・10-12月の一部項目を除く1株利益は67セント。市場予想は68セント。

・物品税を除く売上高は2.5%増の47億3000万ドル(約5620億円)。

・純利益は12億5000万ドル。前年同期の12億4000万ドルから増加。

  アルトリアはこの日、17年末までに年間経費を3億ドル削減することを目指していると明らかにした。販売管理費の削減と組織構造のスリム化が軸となる。

  28日の米株式市場で、アルトリアの株価は前日比1.1%高の59.63ドルで引けた。昨年のS&P500種株価指数が0.7%下落したのに対し、同社株は18%上昇した。

原題:Altria Profit Misses Estimates as Cigarette Volumes Decline (4)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE