コンテンツにスキップする

NYにあふれる超高級住宅-「パークレーン」はリノベーション先送り

  • ウィトコフ氏はホテルとしての営業を当面は継続すると説明
  • 超高級住宅市場の「速度が以前とは異なる」とウィトコフ氏

米国で不動産開発を手掛けるスティーブン・ウィトコフ氏は今のところ、ニューヨーク市マンハッタンにある「パークレーンホテル」の超高級住宅へのリノベーションを見送っている。46階建てのこの物件は、同氏が主導するグループが2013年に6億6000万ドル(約790億円)で買収した。

  ウィトコフ氏はインタビューで、セントラルパークに隣接する同ホテルのオーナーらはリノベーションを考えていると述べた。建物の解体、もしくはホテルの客室とコンドミニアムを併設する高層ビルへの転換、そのままホテルとしての営業を続けるというのが買収時の選択肢だったが、超富裕層を買い手に想定する新たな高層物件が市場にその後あふれたため、超高級住宅へのリノベーションの魅力が低下した。

  同業のハリー・マックロウ氏をパートナーに持つウィトコフ氏は「実を言えば市場の速度は以前とは異なる。われわれにはキャッシュフローがあり、臨機応変に待つこともできる」と語った。

  不動産鑑定のミラー・サミュエルとブローカーのダグラス・エリマン・リアル・エステートのリポートによれば、マンハッタン全ての住宅販売価格(中央値)は昨年10-12月(第4四半期)に過去最高の115万ドルに達した。数年前に契約された新規物件の高額取引が後押しした格好だが、ミラー・サミュエルのジョナサン・ミラー社長は、数多くの新築物件が市場に出回る状況で富裕層からの購入需要が後退していると指摘した。

原題:Manhattan Developer Ices Plans for Central Park Luxury Condos(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE