コンテンツにスキップする

ロコス氏のマクロファンド運用額4160億円に到達、募集停止へ-関係者

  • ロコス氏は2月初めからファンドの新規資金の受け入れを停止する
  • マクロファンドはブラックストーンの支援を受けて昨年スタートした

ヘッジファンド運営会社ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントの共同創業者であるクリス・ロコス氏が昨年9月にスタートさせたロコス・キャピタル・マネジメントのマクロファンドは、運用資産額が今月末までに35億ドル(約4160億円)に達する見通しだ。事情に詳しい関係者の1人が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、ロコス氏(45)は2月初めから少なくとも1年間にわたり、ファンドの新規資金の受け入れを停止する。ファンドの運用のために同氏は約60人を採用した。ロコス・キャピタルの運用資産額はスタートから1カ月以内に約10億ドルに到達。事情に詳しい複数の関係者が昨年11月時点で明らかにしたところでは、このうち半分がロコス氏の自己資金で、残りはブラックストーン・グループが出資した。

  ロコス・キャピタルの広報担当者は、集めた資金の額についてコメントを控えている。

  マクロ経済トレンドに賭ける投資を行う他のマクロファンドは、ブレバン・ハワードの旗艦ヘッジファンドの運用成績が昨年2年連続でマイナスとなったほか、フォートレス・インベストメント・グループやベイン・キャピタルが運用する数十億ドル規模のマクロファンドも、為替取引失敗に伴う損失で清算に追い込まれるなど苦しい状況にある。

原題:Chris Rokos Said to Raise $3.5 Billion for Macro Hedge Fund (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE