コンテンツにスキップする

米アップル、教育関連ハイテクベンチャーのラーンスプラウトを買収

アップルは28日、教育関連の米ベンチャー企業、ラーンスプラウトを買収したと発表した。同社は学校や教師による学生の学業データ管理を助けるソフトウエアの開発などを手掛ける。

  アップルは学生がインタラクティブな授業を受けられ、自分の学業の進展状況を把握できるようにするタブレット端末「iPad(アイパッド)」向けの教育ツールに取り組んでいる。アップルの広報担当、コリン・ジョンソン氏は「当社は時々、比較的小規模なテクノロジー企業を買収する。目的や計画については通常明らかにしない」と語った。

  ラーンスプラウトの最高経営責任者(CEO)にコメントを求めたが、これまでに返答はない。ラーンスプラウトのウェブサイトによると、42州で計2500余りの学区が同社のソフトウエアを採用している。

  サンフランシスコに本拠を置くラーンスプラウトはこれまでにベンチャーキャピタル(VC)会社アンドリーセン・ホロウィッツなどの投資家から総額400万ドル(約4億8000万円)強の資金を集めた。ブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーはアンドリーセン・ホロウィッツに出資している。

原題:Apple Acquires Education-Tech Startup LearnSprout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE