コンテンツにスキップする

フォード:10-12月利益は予想上回る-年間で過去最高益、SUV好調

米2位の自動車メーカー、フォード・モーターの2015年10-12月(第4四半期)利益はアナリスト予想を上回った。車体がアルミ製のピックアップトラック「F150」の売れ行きがようやく伸びてきたほか、スポーツタイプ多目的車(SUV)の販売が好調で、通期利益は過去最高を記録した。

  28日の同社発表によれば、10-12月期の一部項目を除く1株当たり損益は58セントの黒字となった。前年同期は65セントの赤字。ブルームバーグがまとめたアナリスト12人の予想平均は51セントの黒字だった。

  通期の税引き前利益は108億ドル(約1兆2840億円)と、111年の歴史を持つフォードにとって過去最大。SUVの販売増が寄与した。F150含むFシリーズの米販売台数は78万354台で、34年連続で米国での最多販売モデルとなった。

Regional Power

原題:Ford Rolls to Record Profit on Surging Sales of SUVs, Pickups(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE