コンテンツにスキップする

中国株:3日続落、企業の収益悪化懸念広がる-香港株は上昇

更新日時
  • 中国船舶重工と中国船舶工業が値幅制限いっぱいまで下落
  • 「中国株はここからさらに水準を切り下げるだろう」と張海東氏

28日の中国株式相場は3日続落。中国人民銀行(中央銀行)が今週に入って3年ぶりの大きな規模で金融システムに資金を供給したが、商品相場の低迷や景気減速が中国企業の収益を圧迫するとの懸念が広がった。

  上海総合指数は前日比2.9%安の2655.66で終了。CSI300指数は同2.6%安で引けた。

  工業株の中で造船株の下げが目立った。中国船舶重工(601989 CH)と中国船舶工業(600150 CH)が値幅制限いっぱいまで下落。中国南方航空(600029 CH)は4日続落し、この間の下げが約17%に達した。人民元の下落によって同社の昨年10-12月(第4四半期)決算が赤字に転落したもようだと大和証券キャピタル・マーケッツ香港が指摘したことが嫌気された。

  上海金曠投資の張海東チーフストラテジストは、「現在の調整は終わっておらず、元安や資本流出、経済成長鈍化に対する圧力が引き続き大きく、中国株はここからさらに水準を切り下げるだろう」と指摘。こうした要因が「株式相場の重しになる見込みだ」とコメントした。

  香港市場では、中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が前日比0.9%高で引けた。ハンセン指数は同0.8%高で終了。

China Stocks' Boom-to-Bust Cycle

原題:China Stocks Cap Worst Losing Streak in Three Weeks on Economy(抜粋)
Hong Kong Stocks Rise as Macau Casinos, Henderson Land Advance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE