コンテンツにスキップする

NY金:上昇、FOMCは世界経済の影響を注視すると表明

27日のニューヨーク金相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表後に上昇。FOMCは世界経済や市場動向がどのように米国の見通しに影響するかを注視していく方針を示した。

Spot Gold Erases Drop

  BMOキャピタル・マーケッツの商品トレーディング担当ディレクター、タイ・ウォン氏は電話インタビューで、「今回の声明はタカ派的ではなかったという安心感が全体的に広がっているようだ」と指摘。「金は影響を免れて上昇している。さらに買い進んでいく好機だ」と述べた。

  ブルームバーグのデータによると、ニューヨーク時間午後2時59分現在、金スポット相場は前日比0.7%高の1オンス=1127.42ドル。一時は0.4%下げる場面もあった。

原題:Gold Advances as Fed Says Officials Will Monitor Global Impact(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE