コンテンツにスキップする

バンク・オブ・アメリカ、トレーディング部門に費用節減命令-関係者

  • ボーナス支払いが終わった後の3月に人員削減実施の公算が大きい
  • モンタグCOOがコスト削減に向けてマネジャーらにハッパ掛ける

米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)は、厳しかった2015年からトレーディング収入が回復するのを待つ姿勢にはない。

  トーマ ス・モンタグ最高執行責任者(COO)は、トレーディングおよび投資銀行業務全般で費用を削るようマネジャーらに一段とハッパを掛けている。事情に詳しい関係者が明らかにした。予算の数%相当をどう節減するかでマネジャーらに裁量は与えられているものの、この取り組みは3月の人員削減につながる公算だと、同関係者は匿名を条件に語った。

  ブライアン・モイニハン最高経営責任者(CEO)はこれまでに、人員削減を今年実施する方針を明らかにしている。BOAの2015年の債券および株式トレーディング収入は前年から1.1%減少の130億ドル(約1兆5380億円)。債券トレーディングだけで昨年のトレーディング収入全額と同程度を稼ぎ出していた2009年や10年には、全体で170億ドル前後に達していた。

Permanently Impaired?

  マネジャーらはコストを削減する方法を見つけようと、手数料の引き下げを業者と交渉したり出張・交際費の予算を削ったりしていると、関係者は語った。幹部はまた、必要な場合に削減対象となり得る人員のリストを作成中だという。

  関係者によれば、人員削減の規模は一部の株式担当部署で報酬費用にして約5%相当、債券関連部門ではさらに大きい可能性があるが、実際にどうなるかは年明け数カ月のトレーディング業績に左右される。

  広報担当のジェシカ・オッペンハイム氏はコメントを控えた。

原題:BofA’s Montag Said to Order Expense Savings in Trading Division(抜粋)


    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE