コンテンツにスキップする

北朝鮮への制裁強化、米中で立場の違いが浮き彫りに-4度目核実験で

  • 米中は新たな国連安保理決議を模索することで合意するにとどまる
  • 「朝鮮半島を不安定化」させることがあってはならないと王外相

ケリー米国務長官は27日、中国の王毅外相と北京で会談し、北朝鮮による4度目の核実験を踏まえて同国への制裁強化を中国側に求めたが、中国は応じず、両国は国連安全保障理事会の新たな決議を探ることで合意するにとどまった。

  米国は北朝鮮への石油輸出と同国の鉱物資源の輸入禁止などの措置を求める一方、中国は核問題をめぐる協議再開の重要性を強調している。

  王外相は北京で記者団に対し、「われわれの立場は特定の出来事や現時点での一時的な雰囲気で揺らぐことはないだろう」と説明した上で、「新たな決議が情勢に新たな緊張を生んだり、朝鮮半島を不安定化させたりすることがあってはならない」と語った。

原題:China Resists Kerry Appeal for Tougher North Korea Sanctions (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE