コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:中国株が続落-香港上昇、インド横ばい

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下の通り。

【中国・香港株式市況】

  27日の中国株式相場は続落。上海総合指数が再び約1年1カ月ぶりの安値となった。中国が発表した昨年12月の工業利益が減少し、景気減速が深刻化しているとの懸念が広がった。

  上海総合指数は前日比0.5%安の2735.56で終了。前日は6.4%下げていた。航空会社と電力株が下げの中心。12月の工業利益が前年同月比4.7%減少したほか、人民元の下落によって、ドル建て債務を抱える中国企業の利益が一段と下押しされる可能性があるとのアナリストの見方も嫌気された。

  上海総合指数は一時4.1%安となる場面もあったが、政府系の市場救済基金の選好銘柄と見なされているペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)が3週間ぶりの大幅高となったことを受けて、下げ幅を縮小した。CSI300指数は前日比0.4%安。工業と通信、公益株が軟調だった。

  精熙投資管理の王征最高投資責任者(CIO、上海在勤)は「市場はなお底値を探る過程にあり、それがどの水準か予想は難しい」と分析。「現状を反転させるには、より強力な政府の対策が必要になるだろう」と指摘した。

  香港市場では、中国本土株で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数が前日比0.8%高で引けた。ハンセン指数は同1%高で終了。

(上海総合指数のグラフ:SHCOMP <Index> GP YTD)
(ハンセン指数のグラフ: HSI <INDEX> GPO)

【インド株式市況】
 
  27日のインド株式相場は前営業日からほぼ変わらずとなった。デリバティブ(金融派生商品)取引の期日を翌日に控えて値動きの荒い展開だった。米連邦公開市場委員会(FOMC)も注目されている。

  製薬会社サン・ファーマシューティカル・インダストリーズは3カ月ぶり高値まで買い進まれた。インド最大の電力会社NTPCは4カ月ぶりの大幅上昇。一方、発電機メーカーのバーラト重電機が指数構成銘柄のうち最もきつい値下がりとなったほか、消費財メーカーのヒンドゥスタン・ユニリーバは1週間ぶり大幅安を記録した。

  指標のS&P・BSEセンセックスは前営業日比ほぼ横ばいの24492.39で終了。高値では0.7%上昇、安値では0.1%安と揺れ動いた。
  
(S&P・BSEセンセックスの動向: SENSEX <Index> GPO D)

【オーストラリア株式市況】

  S&P/ASX200指数は前営業日比1.2%安の4946.44。

(S&P/ASX200指数のグラフ: AS51 <INDEX> GP)

【韓国株式市況】

  韓国総合株価指数は前日比1.4%高の1897.87。

(韓国総合株価指数の日中価格グラフ: KOSPI <INDEX> GIP)

【台湾株式市況】

  加権指数は前日比0.3%高の7849.83。

(台湾加権指数のグラフ: TWSE <INDEX> GP D)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE